home‎ > ‎info‎ > ‎

本校生徒がユネスコ主催の第四回高校生カンボジアスタディツアーに参加

2017/08/21 0:35 に 福井南高等学校情報管理者 が投稿   [ 2017/08/21 0:45 に更新しました ]

 今年で4回目を迎える日本ユネスコ協会連盟主催の高校生カンボジアスタディツアー(外部リンク)。今年は多くの応募のなかから本校3年生の守屋佑香さんが福井県で初めて選ばれました。
守屋さんは今月5日~12日の日程で研修に参加。現地では、世界寺子屋運動の現場や子どもたちとの交流、途上国支援の最前線であるユネスコ事務所や在カンボジア日本国大使館等を表敬訪問するなどして、自身の研究テーマである「ジェンダー」だけでなく、カンボジアの歴史、文化についても大いに理解を深めました。日程はハードだったものの、高い志を持つ多くの仲間とともに、とても充実した8日間を送ったようです。


世界寺子屋運動の現場では担当者から活動の説明を受ける

最終日のラップアップミーティングでは簡単な研究成果を発表

守屋さんは在学中から「LGBT」や女性問題などに関心を持っており、今回の参加も、「女性省」という独自の行政機関を持つカンボジアや日本国外での性の在り方をこの目で見たい!との思いがきっかけだということです。なお、今年の学園祭では、守屋さんによる成果報告会(在校生・保護者対象)が二日目に予定されています。また、今後は都内など各地の合同報告会で自身の研究成果を披露することとなっています。