home‎ > ‎info‎ > ‎

本校教員の推薦図書(本日の福井新聞にも掲載)

2019/03/12 23:16 に 福井南高等学校情報管理者 が投稿
県内各高校が選んだ、新入生に読んでほしい推薦図書に本校教職員のものも掲載されました。詳しくはリンク先を御覧ください。

 植松努
『空想教室』
(サンクチュアリ出版)
 
好きなこと,夢や目標を語れない若者が増えているなかで,この本は皆さんの可能性を無限に広げてくれますよ。(英語科 石神 正啓)
小川糸
『針と糸』
(毎日新聞社)

人を幸せにするにはまず自分から。たとえ向き合いたくない過去があったとしても,逃げずに見つめ直してみよう。(家庭科 西 佳織)
佐藤雅彦
『新しい分かり方』
(中央公論新社)
 
「そうだったのか!」......わかったときの喜びは大きいもの。この本を読んで,半端ない爽快感を味わってみよう。(数学科 早川 秀知)
吉田兼好
『徒然草ビギナーズ・クラシックス日本の古典』
(角川ソフィア文庫)
 
700年前から現在まで変わらない「日本社会あるある」の連続!心豊かに暮らす方法が丸わかりです!(図書室 大森 壮一朗)
マーカス・デュ・ソートイ
『The Music of the Primes素数の音楽』
(新潮社)
 
素数には知られていない秘密がたくさん。今こそ素数の国を探検しよう!素数の世界を切り拓くのはあなただ!(数学科 高崎 智裕